アイフルの金利と利息軽減方法

アイフルの金利は、4.5%~18%と消費者金融でも標準的な金利を提供しています。適用される金利は限度額によって変わりますが、初回の借り入れで大きな金額を貸してもらうことはあまりないため、ほとんどのケースで18%が適用されます。

 

限度額が小さいため、利息負担もそれほど大きくはなりませんが、できる限り負担は減らしたいところです。ではどうすれば、負担を減らすことができるのでしょうか?

 

利息はどのように発生するのか?

設定された金利と限度額、利用日数によって利息が計算されます。

 

金利は年率であるため、金利18%というのは、1年利用した場合に限度額に対して18%の利息が付くということになります。

 

例えば、限度額10万円、金利18%で借り入れた場合、1年の金利は10万円x18%=18000円となります。しかし、実際には毎月の返済が行なわれて元金が減っていくため、1年以内に完済すればこれよりも少ない利息で済みます。また、利息は日割りで計算されます。

 

上記の金額に当てはめると、18000円÷365日=約49.3円と1日約50円の利息が発生する計算になり、利用日数に応じて利息が増えていきます。

 

利息負担を軽減させるには

利息を減らすには、早く支払うことです。可能であれば、契約翌日に一括返済してしまうのが一番の方法です。しかし、大きな金額を借りている場合はそう簡単にはいきません。

 

そこで行なうのが、繰上返済です。返済は、返済日にならないとできないわけではありません。一定期間前からでも支払うことは可能なのです。ただし、あまり早すぎると追加返済という扱いになってしまうので、返済日にまた支払わなけらばならなくなります。

 

アイフルの場合、返済日までの10日間が返済期間として扱われます。それ以前に返済してしまうと追加返済という扱いになってしまい、もう一度支払いを行わなければならなくなるので、返済のタイミングには注意しましょう。

 

一定期間だけなら利息をゼロにできる

今まではなかったのですが、アイフルでも2016年2月から30日無利息期間サービスが開始されました。初めての利用で、無担保型のキャッシングローンを利用する場合に限りますが、30日間でも利息ゼロで借り入れができるようになったのは嬉しい情報ではないでしょうか。

 

少額で短期利用するのであれば、利息のことは一切気にしなくてすみます。

 

1つ気をつけるべきなのは、無利息期間は契約日の翌日から開始されるということです。早めに利用しないと適用される期間が短くなります