延滞すると大変なことに

返済を延滞してしまうことは、誰もができるだけ避けたいと思っているはずです。しかし、忙しさや経済的な問題、急な出来事などで期日までに払えなかったということは誰にでも起こりえます。

 

しかし、延滞したとしてもすぐにブラック情報が記録されてしまうわけではありません。連続して何度も、断続的であっても頻繁に忘れている場合に信用情報に傷がついてしまいます。

 

とはいえ、ブラック状態にならなくても、延滞することで発生するデメリットは多くあります。

 

返済が遅れることで支払う金額が増える

返済日を過ぎると遅延損害金が発生します。遅延損害金とは、返済期日を過ぎた利用日数に適用される金利のことです。アイフルの遅延損害金は金利20%に定められており、通常の金利が高い低いに関わらず、必ずこの金利が適用されます。

 

払い忘れた返済金に遅延損害金をプラスした金額を支払わなければならないため、通常より負担が増します。ただ、必要な金額を支払えば金利は元通りになり、再度延滞しない限り遅延損害金は適用されません。

 

アイフルからの督促はどのように来る?

支払いが遅れると、それに対する督促がきます。テレビなどのイメージで乱暴な取り立てが行われると考える方もいるかもしれませんが、そのような督促は違法であるので、家や会社まで殴りこんで来るようなことはありません。メールや電話で丁寧な対応で催促されます。

 

どのような状況でもいつまでに支払いを行うかを必ず伝えましょう。数日かかる場合でも事情を伝えておけば、その日まで待ってもらうことができます。

 

しかし、メールや電話での督促を無視し続けると、今度は督促状が送られてきます。文面も少々厳しいものになり、最終的には「法的を措置を取る」といったことが書かれます。また、督促状は自宅に送られるので、借金をしていることが家族にバレてしまう可能性が極めて高くなります。

 

ブラック状態になるとさまざまな面で影響がでる

延滞が3カ月ほど続くとブラック状態となり、借金の利用停止や一括返済などが求められることがあります。利用停止されると新たに借り入れることができなくなり、返済しかできなくなります。また、ブラック状態の影響はそれだけではありません。

 

今後新規の借り入れやローンを組むときに審査に通らなくなります。しかも、延滞でのブラック情報は完済してから5年ほど記録されるため、その間は金融会社からの借り入れはほぼ不可能となります。借りられたとしても、闇金や悪徳業者などしかないため、さらにトラブルに巻き込まれてしまいます。

 

返済できないときは自分から連絡する

返済に遅れそうだと分かったときは、そのままにするのではなくアイフルに連絡しましょう。

 

事情やいつまでに支払われるのかが分かればアイフルもきちんと対応してくれます。また、長期的に返済が難しくなりそうな場合もどうしたらよいか相談することもできるでしょう。

 

アイフルからもらったアドバイスを元に、家計の調整を図ったり、借金の一本化や借り換えを検討することもできるかもしれません。問題を放置するということだけは絶対に避け、問題を解決するために行動しましょう。