アイフルはいくらまで借りられる?

できるだけ多くお金を借りようとして、希望額を多めに申請する方は少なくありません。使えるお金が多ければ多いほど、さまざまな状況に対処しやすくなります。しかし、どれだけ多く借りようとしてもアイフルの最高限度額は500万円までとなっており、これ以上借りることはできません。

 

また、実際に設定される利用可能限度額は、年収だけでなく総量規制や返済能力などによっても左右されます。

 

限度額の設定はどう行なわれる?

年収が多ければ設定される限度額も上がる、と考える方は少なくありません。確かに年収の多さも1つの目安にはなりますが、それだけが全てではありません。

 

アイフルの場合、総量規制の影響があるため、年収の3分の1という制限は超えることは絶対にできません。そして返済能力です。返済能力が低いと、「お金を返してもらえないのではないか」と疑問視されるため、様子見として低い限度額が設定されます。

 

とはいえ、ほとんどのケースで初回の借り入れは20万円~30万円で融資されます。初めての場合は実績がないという理由で、既に借入がある場合は他社借入金額との合計が総量規制を超えないようにという理由で、限度額が制限されます。

 

高額融資をしてもらうのは厳しい?

キャッシングローンで高額融資をしてもらうことは不可能ではありませんが、それにはやはり年収の多さが大きく関わります。

 

なぜなら、総量規制の底上げは年収が増えないとできないからです。どれだけ優秀な利用実績を持っていたとしても、年収の3分の1以上は絶対に融資してもらうことはできません。そのため、増額で利用できる限度額を増やそうとしても、総量規制の壁は超えられないのです。

 

しかし、全く方法がないわけではありません。目的がはっきりしているのであれば、目的型ローンを利用することでキャッシングローンよりも多くのお金を借りることが可能になる場合があります。ただし、その目的にしか利用できないという弱点があるため、利便性は落ちてしまいます。

 

どうしても諦められないなら

年収で総量規制の底上げはできますが、それには時間がかかります。今すぐにでも限度額を引き上げたいのであれば、方法は2つしかありません。

 

  1. 1つは、総量規制の「除外」や「例外」となっている商品を利用することです。
  2. 上記でも述べたように、目的型ローンは総量規制の対象から例外的にあるいは除外されているものがいくつかあります。利用するためには、ローン商品と利用者の目的が一致していなければなりませんが、高額融資してもらえる可能性は格段に上がるでしょう。

     

  3. もう1つは、総量規制の影響を全く受けないところで借り入れを行なうことです。
  4. この場合、利用できるのは銀行カードローンくらいしかありません。その銀行カードローンでも、総量規制を参考にしているので確実ではありません。